地方都市でも苦労しない!宅配の便利な活用

地方住み必見!食材配達サービス

近くにお店がない地域に済むということ

ネットスーパーを選ぶ前提として、配達対象エリアに自宅が含まれている必要があります。イトーヨーカドーとイオンは、ほぼ全国区である為、最有力候補となるでしょう。 その他に選ぶ基準としては、商品の価格と品質、セールや付与されるポイントなどが挙げられるでしょうか。

楽天西友とAmazon

楽天と提携した西友の楽天西友ネットスーパーは商品の品揃えが大幅に増え、楽天ポイントも利用出来るようになりました。 Amazonでの生鮮食品購入は難しいと言いましたが、実は生鮮食品専門の宅配サービスも行っています。それがAmazonFreshです。

宅配食材サービス会社は品質に自信

食材を宅配してもらうには、ネットスーパーだけでなく、宅配食材会社を利用するのも手です。 日用雑貨の取り扱いが少ない分、食材に特化していますが、その分品質への管理をとても厳しく行っています。 また、時間指定が出来ない分、留め置きが出来るところが多いのも特徴の一つです。

ネットスーパー大手2社

都心部に居住、もしくは仕事などで都市部が行動圏内に入っていると、いたるところに商業店舗が存在しています。
毎日の食事に使う食材や、日用雑貨などを欲しいと思って自宅を出たとします。都心部ならば、近ければ家から出て徒歩数分でたどり着く事ができるでしょう。遠くても自転車くらいなら使用することもあるかもしれませんが、スーパーまで自動車を使う必要のある距離にあるところに住むと、なかなか生活に不便が出てきます。

地方都市に住居を構えると、そのようなことが度々起こりえます。
ちなみに「地方都市」とは、国土交通省によって東京・大阪・名古屋以外の都市のことを「地方圏」と定義が成されています。それらの都市を更に、札幌市・仙台市・広島市・福岡市の四市を「地方中枢都市」。四市を除く人口およそ30万人以上の都市を「地方中該都市」。人口がおよそ10万人ほどで「地方中心都市」。5万人以下を「地方中小都市」と分類しています。
地方地方とは言いますが、言葉のイメージからなんとなく人の少ない、自然の多い田舎を想像するかもしれませんが、実際にはそんなことはなく人も商業施設も多く存在します。
逆に、たとえ東京都に住んでいても、23区外で駅から離れた住宅街に住んでいれば、地方都市に住むよりも不便な生活になりえることもあるかもしれません。

話を戻して、商店まで買い物をするのに不便な場所に住んだ場合、大いに役立つのが通販・宅配サービスです。
最大手は何から何まで揃うAmazonですが、生鮮食品を始めとした食材は箱売りであったりと、細かく購入することが非常に困難です。
距離の遠さで客足が遠のくのを防ぎたい商店側も、ニーズに応えるため配達サービスを始めているところが増えてきています。
このサイトでは、そんなネットスーパーサービスの大手店を、店ごとに比較しました。是非ご自分の環境に合ったサービスを見つけるのにご活用ください。

TOPへ戻る